セカンドライフの「現在」や始め方、アバターの作り方・チュートリアルなどの情報が満載(の予定 笑)

セカンドライフを254倍たのしむ方法

アバター作り ~基本編

CATWA アニメーション HUD はどうやって使えばいいの?

更新日:

CATWA メッシュヘッドのアニメーション HUD は、ボタンが色々あってちょっと分かりにくいと思います。そこでこの CATWA アニメーション HUDの使い方についてまとめました。

スポンサーリンク

CATWA アニメーション HUD の使い方

アニメーション HUD は、[CATWA HEAD Catya NEW (unpacked)]フォルダの中の[CATWA HUD Animations F v3.0][右クリック]→[追加]すると画面に表示されます。CATWA ヘッドのアニメーションは、すべてこの HUD を使って調整します。

HUD での設定は、一度すれば HUD を閉じても保存されます。ですが場面に応じて切り替えたりするなど、アニメーション HUD は使う機会がけっこう多く、めぐはいつも小さくさせて画面の隅に置いています。

アニメーション HUD は、上の①~④の、大きく4つの部分に分けられます。それぞれの機能と使い方について、以下で紹介します。

Part1 基本設定その他

いちばん上部にあるのは「基本設定その他」です。それぞれは次のように使います。

①Reset アニメーション HUD と顔の表情を、デフォルトにリセットします。何か不具合が起こったときに使うのだと思いますが、筆者めぐもまだ使ったことはありません。

②Delay [Default Lips][Full Face Expression]で複数を選択した場合、それらが入れ替わる間隔(秒)を設定します。

③API サードパーティーのアプリをアドオンした場合、これで呼び出します。

④Tears 涙の ON/OFF をします。ただし涙を出すためには、別にアタッチメントが必要です(CATWA ショップに売っている)。

⑤Pose ポーズスタンドします。これは AO などもきちんと止めてくれるためとても便利で、めぐはよく使います。

⑥Talk Animation 文字入力の際の唇のアニメーションを選びます。[Neutral][Sad][Crying][Angry][Sexy][Happy][Sing][Slow]のなかから選べます。

Part2 ポーズを固定する部分

ここはポーズを固定する部分で、普段は使わないと思っていいです。CATWA の顔のアニメーションはモーションキャプチャー(MOCAP)で実際の人間の表情を取り込み、自然なのが特徴です。それなのにこれらの固定ポーズは、MOCAPのアニメーションよりも優先されることになるからです。

ただし「目や口はどうしてもこうしたい」というものがある場合(アバターに目をつぶらせて寝かせるなど)は、この固定ポーズを使います。またアバターの写真を撮るときなども、表情がヘタに動いてしまわない固定ポーズが便利です。

①Blink まばたきを設定します。上の三角が2つあるボタンはふつうの瞬き、下の三角が1つのボタンはゆっくりとしたまばたきです。

②Static Poses 目の開き加減を決めます。

③Eyes Poser 目玉の向きを決めます。下の目玉をドラッグすると、好きな方を向かせられます。鎖マークのボタンを押すと、左右の目玉を独立に動かせます。

④Eyes AO 目玉が微妙な動きをします。以前はこの機能によって「自然さ」がかもし出されていたのだと思いますが、MOCAP のアニメーションがある今、もう「不要な機能」だと言っていいです。

Part3 ここがウリ!基本の表情を決めるMOCAPアニメ

この[Full Face AO]が、「CATWAフェイスアニメーションのウリ」といえる部分です。20秒ほどの長尺のアニメーションが16種類登録されていて、そのうち①の赤線で囲んだ12種類は、MOCAPによって実際の人間の顔の表情を取り込んで作られています

複数のボタン(全部でも)が選べますので、好きな組み合わせを常時 ON にしておきましょう。めぐは上の画像にある通り、いちばん左上とその右下をいつも ON にしています。

②の首がカキッとなっているボタンによって、顔の表情といっしょに頭の位置や方向も動かすかどうかを決められます。また複数のボタンを選択すると③のボタンが現れますので、これを押すとすべての表情を一斉に解除できます。

Part4 アクセントとなる短いアニメ

アニメーション HUD の一番下にある[Full Face Expression]は、5秒間ほどの短いアニメーションが24種類登録されています。Part3の[Full Face AO]で顔の基本的な表情を決め、この[Full Face Expression]でアクセントを付けるというのが、CATWA アニメーションHUDの基本的な使い方です。

アニメはいくつでも選ぶことができます。めぐは上の画像にある3つをいつも ON にしています。アニメーションの時間間隔は、Part1の[Delay]ボタンで設定できます。

まとめ

CATWA アニメーション HUD は、ヘッドのアニメーションを調整するためのものです。大きく4つのパートに分かれます。

まずいちばん上にあるのは、基本的な設定その他の部分。その下が固定アニメーションです。固定アニメーションは、CATWA ヘッドのウリである MOCAP アニメーションより優先されます。ですのでアバターの写真を撮るなど特別な場合以外は使わないと思っていいです。

3段目にあるのが、MOCAP によって実際の人間の表情を取り込んで作られている長尺のアニメーション。そして一番下に短いアニメーションがあります。MOCAP アニメーションで基本的な表情を決め、短いアニメーションをアクセントに使うのが、CATWA アニメーション HUD の基本的な使い方です。

アニメーション HUD はけっこう便利で、使う機会は多いです。めぐは小さくしていつも画面の隅に置いています。

応援よろしくお願いします!

ランキング1位を目指しています。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村「セカンドライフ」ランキングへ

-アバター作り ~基本編

Copyright© セカンドライフを254倍たのしむ方法 , 2018 All Rights Reserved.