セカンドライフの「現在」や始め方、アバターの作り方・チュートリアルなどの情報が満載(の予定 笑)

セカンドライフを254倍たのしむ方法

アバター作り ~基本編

CATWA マスター HUD は使わなくていいの?

更新日:

メッシュヘッド CATWA のマスター HUD は使い方が複雑なので、筆者めぐはほとんど使っていません。ですが最低限、設定が必要なことはありますので紹介します。

スポンサーリンク

CATWA マスター HUD のこれだけは設定しよう!

CATWA メッシュヘッドには、

  • アニメーション HUD(CATWA Animations F v3.0)
  • マスター HUD(CATWA HUD Master F v3.0)

の2つの HUD が付いてきます。アニメーション HUD は顔の表情を変えるためのもので、使う機会が多いため、めぐは画面上に常駐させています。

マスター HUD は、役割を大きく分けると、

  • メイクを調整する
  • ヘッドのさまざまなパーツを調整する

の2つがあります。メイクについては、他社のスキンを購入すればCATWA マスター HUD は使わなくてすみ、めぐはまったく使っていません。

ただしヘッドのパーツ調整は、初めにしておいたほうがいいことがいくつかあります。またアプライヤーで描画したメイクを消したい場合もありますので、それらをここで紹介します。

その1 歯を選ぶ

CATWA メッシュヘッドはデフォルトでも、歯を何種類かの中から選べるようになっています。歯など顔のパーツを操作する際には、アニメーション HUD の[Pose]を押して、身体が動かないようにしましょう()。また口を開けないと歯が見えませんので、アニメーション HUD 中[Full Face Expression][口を開ける]ボタンを押し()、さらに開けた状態を維持するために[ポーズ]ボタンを押します()。

歯を選ぶためのボタンは、マスター HUD 中[Info Mouth.Hair]タブ()の下部[Mouth])にあります。クリックするとすきっ歯になったり歯の色が変わったりしますので、好きなのを選びます。

その2 表示する顔のパーツを選ぶ

マスター HUD のタブ[Alpha.Lashes Tint.Neck-Size]にある[Show/Hide]では、顔のパーツを表示させるかどうかを選ぶことができます。選べるのは上段から下段、左から右で、

  • 頭部の左半分
  • 頭部の右半分
  • 上の歯
  • 左耳
  • 右耳
  • 涙袋
  • 上のまつ毛
  • 下のまつ毛
  • 喉ちんこ
  • ベロ

です。

このなかで脳は、自分ではわかりませんがアバターが Rez されるとき、顔より先に見えるようになったりします。ちょっとキモいので、表示させないようにしている人も多いです。

その3 顔のテカリは消しておこう

やはり[Alpha.Lashes Tint.Neck-Size]タブにある[Shininess]では、顔と唇に光沢をつけることができます。唇の光沢はナシではありませんが、顔の光沢については完全に「テカっている」状態になっておかしいです。[Skin]ボタンを押し、スライダーの下にある[✕]を押して消しましょう。

その4 ヘアベースを消去する

アプライヤーで描画したヘアベースを消去したいこと(⇒ ヘアベースも購入しよう)があります。その場合には、まず[Info Mouth.Hair]タブ()上部の[Hair]にある、[LOWER]または[UPPER]にチェックを入れ()、[Clear]を押します()。

すると額以外の部分が消えますので、次に[Blush Lipstick]タブ()の[Blush]にある[LOWER]または[UPPER]にチェックを入れ()、[白いやつ]をクリックする()と、額部分の描画も消えます。

まとめ

CATWA のマスター HUD は、普段はほとんど使いません。ですがいくつか設定が必要なこともありますので、それらをここでまとめました。

設定が必要なのは、歯や表示する顔のパーツを選ぶこと、顔の光沢を調整することです。顔の光沢は「テカリ」にしか見せませんので、OFFにしておきましょう。

またアプライヤーで描画したヘアベースを消去したい場合もあります。それもマスター HUD を使用すればできます。

応援よろしくお願いします!

ランキング1位を目指しています。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村「セカンドライフ」ランキングへ

-アバター作り ~基本編

Copyright© セカンドライフを254倍たのしむ方法 , 2018 All Rights Reserved.